妊婦腹帯とは

妊娠5ヶ月目の安定期にあたる戌の日に行われる「帯祝い」は、日本に古くから伝わる安産祈願の行事の1つです。
現在でも多くの妊婦さんが妊婦腹帯(読み方:ふくたい/はらおび)をつけて戌の日の儀式を行っています。

妊娠5ヶ月を過ぎるとおなかがおおきくなって他人が見てもわかるほど…。妊婦帯が必要になるのもこの頃。腰に負担がかかって腰痛を起こしたり、だるかったり…。
間違ってきつくしめつけ過ぎると母子ともに大変なことになります。
おなかを圧迫することなく、しっかり支えてくれるのが妊婦腹帯(マタニティベルト)です。

下から持ち上げて、からだの負担をやわらげる

妊娠に伴っておなかが大きくなることによって、腰や背中への負担が強まり、腰痛を起こしやすくなります。妊婦腹帯は、大きくなったおなかを締め付けたり圧迫しないよう下から持ち上げるように支える設計であり、着用することにより腰への負担を軽減し、からだのバランスを安定させるサポートをします。

おなかの保温、衝撃や刺激の緩和

妊婦腹帯を着用し、おなかの赤ちゃんをしっかり保温しましょう。また、妊娠帯を着用することにより、外部からの衝撃や刺激などを緩和することもできます。